読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あの子は牛乳ぷりんせす。

自称・永遠の17歳が心に移りゆくよしなしことをそこはかとなく云々

【日記】後輩との関係性

日記

IMG_1214

何やら…意外と…意外な人たちがブログを読んでくれているようで…テレテレな感じなのですが、今日も元気に更新したいと思います。ゆぴです。ギリギリセーフ。

昨日は後輩の家で後輩3人+私でお泊まり会をやりました。後輩にいろんなおつまみを作ってもらって食べながら話し込んで、結局4時まで起きていることに…。

後輩って不思議なんですね。 アメリカ時代は3個下の子でもお互いタメ語で話していたし、中2の時は高3の人にタメと同等に接していたし、だから後輩という存在が不思議でたまらない。

だって、別に私が糞のような人間でも、敬語で話してくれるし、すごく適当なこと言っても、受け止めてくれるんだよ。どれだけ懐の深い関係性なのよ。

歳上だから偉い、っていう考えは私の中にはないし、敬意を払いさえすれば敬語でなくてもいいとすら思っていたりもするんだけど、それでもどんなに仲が良くなっても決して対等にはならない、一歩下がって自分を見てくれる後輩の存在っていうのは愛しくて、不思議で、すごく心強い。

不思議だよね。歳がひとつ違うだけで対等にならないだなんて! その距離感が心地良かったりします。

そしてここがまた謎なんだけど、甘やかしてやりたいというより甘えたくなる。何をしても許されるというわけではないけど、ある程度許してくれる存在にどーんと預けたくなる。

でもやっぱりそこは自分は先輩なのでキメるところはキメたい!かっこよいところ見せたい!って思うんだけど、それ以外はワガママ言って甘えていたい。

それは妹や弟に思うものとは全然別なもので、妹や弟は私の分身のようだけど、後輩は妹や弟のようだ~とは思わない。むしろ他人だからこそのこの距離感と安心感。

ほんと、不思議な関係です。

IMG_1231

久しぶりサークルにどっぷりと浸かった週末でした。

そして全然関係ないけどTumblrに置いてある恋愛小説を読んでくれていた子がいたらしく、自分で置いたとはいえなんだかこっ恥ずかしい!!(笑)リアルに感想言われるの恥ずかしい!!ぎゃーー!!

そんなわけでネットって意外と見られてるんだなあ~とブロガー歴8年目にして改めて思うのでした。

ちゃんちゃん

広告を非表示にする